Just a Reminder

記憶の吐き出し口として、やや長めの作文のような備忘録。

一言宜しいでしょうか

昔あるプロジェクトの幹部だった際、私事で好きな人と話せなくなってしまったことが勝り、同時期お仕事にも関わらなくなったその人をお仕事上で必死に呼び止めようとしたことがある。今振り返れば、お仕事と私事の混同でしかないのだがその時には他に何も見えていなかった。お陰様で、仲が良かったリーダーとは言い争いの喧嘩をし、私は多分人生で初めて他人の前で泣きわめくという大ごとを起こしてしまった。

暫くそのことを引き摺っていたものの、幸いなことにリーダーだった彼の多大なる好意(または昔のことを水に流してくれる性格)のため、今では元の仲に戻っている。他方、爆心地のその人はと言えば、、、今言及する必要はないだろう。

 

これに懲りた私は私事をできるだけ入れないよう努めてきた訳だが、あろうことかもう一度同じような失敗をしてしまった。その時は当の本人と言い争いの喧嘩。今ではその人とも何事もなく話せるが、直後は苦しすぎて本当に具合が悪くなってしまった。お仕事に過剰な感情移入をしてはいけないと、身に沁みて感じる出来事だった。

 

・・・・・・というわけで、「お仕事と私事を混同するのは止めましょう。」本日の格言でした。